成城石井「やまだ式ロカボBento」
’(画像の出典はすべて成城石井公式サイト)

成城石井から「やまだ式ロカボBento」が登場したことが公式サイトで発表されました。食・楽・健康協会代表理事で北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟医師監修の弁当。公式オンラインショップから複数種類が冷凍便で届き、販売価格は10食セットが7,980円(税込、以下同じ)、5食セットが4,980円。

やまだ式ロカボBento

成城石井「やまだ式ロカボBento」

糖質の摂取量を1食あたり20g~40g、1日あたり70~130gに制限する持続可能な生活を送る条件を満たし、さらに潤沢なたんぱく質量や食物繊維量、減塩、良油脂、良糖質という条件のうちの1つ以上を満たしたことが打ち出されています。

また成城石井セントラルキッチンシェフによる監修も行われています。主菜、主食、副菜2品がワンプレートになっていて、和洋中のバラエティが用意され、いずれも電子レンジで簡単に調理できるようになっています。「赤魚の煮付けと蒸し鶏の和風弁当」「豚の生姜焼きと枝豆入り玉子焼きの和風弁当」「チキンソテーとジェノベーゼペンネの洋風弁当」「肉団子の黒酢あんかけと麻婆豆腐の中華風弁当」「油淋鶏と海老と玉子チリソースの中華風弁当」が取り揃えられます。

赤魚の煮付けと蒸し鶏の和風弁当

成城石井「やまだ式ロカボBento」

「赤魚の煮付けと蒸し鶏の和風弁当」の内容は赤魚の煮付け、高野豆腐とひじきと大豆の和風混ぜご飯、蒸し鶏オニオンソースがけ、鶏そぼろ入り切干大根。

煮つけは肉厚でしっとりとした食感。上品な香りと昆布出汁のやさしい味わいが食欲をそそる仕立てとされています。高野豆腐やひじきの入った和風混ぜご飯は出汁感が強く、満足感のある一品と案内されています。

カロリーは1食355kcalで、たんぱく質33.4g、脂質12.9g、糖質25.0g、食物繊維2.7g、食塩相当量2.7g。

豚の生姜焼きと枝豆入り玉子焼きの和風弁当

成城石井「やまだ式ロカボBento」

「豚の生姜焼きと枝豆入り玉子焼きの和風弁当」の内容は豚と玉葱の生姜焼き、高野豆腐とひじきと大豆の和風混ぜご飯、枝豆入り玉子焼き、油揚げとひじきの和え物。

豚ロースの生姜焼きはごま油の香りが引き立ち、しっかりとした味付けで食べごたえがあると打ち出されています。またご飯に混ぜ込まれている大豆は、中まで出汁がしみ込んでいて、ふっくらと炊き上がっているとされています。

カロリーは1食364kcalで、たんぱく質24.6g、脂質18.6g、糖質22.6g、食物繊維4.2g、食塩相当量2.2g。

チキンソテーとジェノベーゼペンネの洋風弁当

成城石井「やまだ式ロカボBento」

「チキンソテーとジェノベーゼペンネの洋風弁当」の内容はトマトソースがけチキンソテー、リゾット風ご飯、枝豆とチーズのジェノベーゼペンネ、人参とキヌアのスパイシーソテー。

ジューシーでやわらかな鶏もも肉と、アサリの風味が豊かな玉葱入りトマトソースが相性よく仕上げられています。クリーミーなリゾット風ご飯は少量のにんにくと胡椒で味が引き締められています。

カロリーは1食414kcalで、たんぱく質は31.0g、脂質20.8g、糖質24.5g、食物繊維2.4g、食塩相当量1.7g。

肉団子の黒酢あんかけと麻婆豆腐の中華風弁当

成城石井「やまだ式ロカボBento」

「肉団子の黒酢あんかけと麻婆豆腐の中華風弁当」の内容は肉団子の黒酢あんかけ、鶏ひき肉と高菜の炒飯風混ぜご飯、四川風麻婆豆腐、蒸し鶏ともやしのピリ辛和え。

豚肉と鶏肉、玉葱が使われた肉団子にやさしい酸味の黒酢餡かけが合わせられています。絹厚揚げも入れられたボリューム重視の作りで、炒飯風ご飯はもっちりとした米が食べごたえのある仕立て。油分も適量摂取できるとされています。

カロリーは1食374kcalで、たんぱく質26.5g、脂質17.9g、糖質25.0g、食物繊維3.4g、食塩相当量3.4g。

油淋鶏と海老と玉子チリソースの中華風弁当

成城石井「やまだ式ロカボBento」

「油淋鶏と海老と玉子チリソースの中華風弁当」の内容は油淋鶏、鶏ひき肉と高菜の炒飯風混ぜご飯、2種豆のピリ辛サラダ、海老と玉子のチリソース。

醤油やにんにく、生姜、長葱などで鶏肉が漬け込まれ、噛むとじゅわっと旨味の広がるよう仕上げられた油淋鶏が主菜。食べごたえがあり満足度の高い一品とされています。炒飯風ご飯は素材の持ち味を生かしたシンプルな味わいで、高菜のシャキシャキとした食感がアクセントになってるとのこと。

カロリーは1食447kcalで、たんぱく質29.7g、脂質24.6g、糖質25.1g、食物繊維3.2g、食塩相当量3.0g。