NewDaysなどに「峠の釜めし風おにぎり」「深川めし風おにぎり」

NewDays、NewDays KIOSK、駅弁屋で「駅弁風おにぎり」シリーズ第二弾が登場します。4月19日~5月9日の期間限定で取り扱われます。

駅弁風おにぎりシリーズ第二弾

駅弁をより手軽に楽しめるようにと開発された「駅弁風おにぎり シリーズ第一弾」が好評を博し25万個が販売されたことから、第二弾として「峠の釜めし風おにぎり」「深川めし風おにぎり」が用意されます。

峠の釜めし風おにぎり

NewDaysなどに「峠の釜めし風おにぎり」「深川めし風おにぎり」

「峠の釜めし風おにぎり」は荻野屋監修の一品。昭和33年(1958年)に登場し、これまでに約1億7000万個が販売され、駅弁を代表する品とされる「峠の釜めし」風に作られています。筍(たけのこ)、牛蒡、椎茸入りの炊き込みご飯に鶏肉、椎茸、栗がゴロっとトッピングにされています。峠の釜めしを開けた時の楽しい見た目が再現されています。販売価格は300円(税込、以下同じ)。

深川めし風おにぎり

NewDaysなどに「峠の釜めし風おにぎり」「深川めし風おにぎり」

「深川めし風おにぎり」は日本ばし大増監修。東京を代表するご当地駅弁「深川めし」風に作られています。江戸甘味噌と生姜であっさり仕上げられた「あさりの深川煮」と、香り豊かな「牛蒡の炒り煮」が加えられ、あさり風味ご飯でにぎられています。あさりの旨味とさっぱりした生姜が効いた味わい。販売価格は250円。