崎陽軒「母の日弁当」

崎陽軒から期間限定かつ数量限定の「母の日弁当」が登場します。4月8日から予約が始まり、5月6~8日に神奈川、東京を中心とした約160店舗で引き渡されます。また5月6、7日に神奈川エリアの一部店舗で、8日に神奈川、東京エリアの一部店舗で予約なしの店頭販売も行われます。販売価格は1,300円(税込)。

崎陽軒 母の日弁当

崎陽軒「母の日弁当」

2022年で13年目を迎える恒例メニュー。色々なおかずを少しずつ食べたいという女性向けに、小さな9つの仕切りの中に多彩な品が配されています。主食は栗とごまがのせられた「赤飯」と、山せりがのせられた「金目鯛入り茶飯」、ちょっぴり塩味のきいた桜の花がのせられた「白飯」の3種類。

主菜はりんごチップで香り豊かにスモークされた「合鴨」、ふっくらやわらかい鱈の天ぷらが蟹とえのき茸のあんで仕上げられた「鱈の蟹あんかけ」など。ほかにも「昔ながらのシウマイ」2個、「有頭海老の具足煮」「帆立酒塩煮」「梅型人参煮」「南瓜煮」「蓮根白煮」「にしん昆布巻き」「黒花豆」「五目豆腐揚げ」「厚焼き玉子」「菜の花しょう油漬け」「桜大根漬け」が入れられています。また甘味として見た目にもかわいらしい「花餅」も詰められています。

今回新たに西暦が入った思い出に残るオリジナルメッセージカードが付いています。日頃の感謝の気持ちを伝えられると案内されています。