「キッコーマン 豆乳飲料 ピスタチオ」「キッコーマン 豆乳飲料 アーモンド」「キッコーマン 豆乳飲料 マカダミアナッツ」

豊富なフレーバーが魅力の「キッコーマン 豆乳飲料」。その中からナッツフレーバー「キッコーマン 豆乳飲料 ピスタチオ」「キッコーマン 豆乳飲料 アーモンド」「キッコーマン 豆乳飲料 マカダミアナッツ」を飲み比べてみました。

キッコーマン 豆乳飲料 ピスタチオ

ピスタチオのまったりとしたコクが溶け込んだ豆乳。甘みがしっかりありますが、ピスタチオ特有の青っぽい風味も感じられます。口に入れた瞬間よりも飲み込んでからの後味の方がピスタチオの主張強め。食物繊維3.9gを含んでおり、コレステロール0mg。

キッコーマン 豆乳飲料 ピスタチオ

キッコーマン 豆乳飲料 ピスタチオ

キッコーマン 豆乳飲料 アーモンド

今回飲んだ3種類の中では最もクセのある豆乳。大豆のさっぱりしたコクとアーモンドの香ばしさが混ざり合っています。アーモンドミルクともまた違う独特の味わい。鼻に抜ける香りでもナッツをほんのり感じられます。ビタミンE(5.3mg/200ml)配合、コレステロール0mg。

キッコーマン 豆乳飲料 アーモンド

キッコーマン 豆乳飲料 アーモンド

キッコーマン 豆乳飲料 マカダミアナッツ

ひと口目は甘い豆乳といった印象。後からじわじわとナッツのクリーミーなコクが広がります。マカダミアナッツそのものにクセがないため、豆乳になっても飲む人を選ばない穏やかな味わい。いつもより少し香ばしい豆乳が飲みたい時に良さそうです。ビタミンE(1.9mg/200ml)配合、コレステロール0mg。

キッコーマン 豆乳飲料 マカダミアナッツ

キッコーマン 豆乳飲料 マカダミアナッツ

個性のある3種類の中で、ナッツ好きの方におすすめするならピスタチオ。どれもしっかり甘いのでおやつがわりにしたり、凍らせてアイスにしたり、コーヒーと混ぜてソイラテにしたりと様々な楽しみ方ができると思います。

「キッコーマン 豆乳飲料 ピスタチオ」「キッコーマン 豆乳飲料 アーモンド」「キッコーマン 豆乳飲料 マカダミアナッツ」