猿田彦珈琲「さくら抹茶ラテ」「春うららブレンド」

猿田彦珈琲から、日本の春がイメージされたドリンク「さくら抹茶ラテ」が登場します。香り華やかな限定のコーヒー豆「春うららブレンド」もリニューアルされます。いずれも3月15日~4月17日に取り扱われます。

さくら抹茶ラテ

猿田彦珈琲「さくら抹茶ラテ」「春うららブレンド」

「さくら抹茶ラテ」は豆屋、池袋POPUPを除く各店舗で取り扱われます。HOT、ICEともワンサイズで用意され、販売価格はイートインが650円(税込、以下同じ)、テイクアウトが637円。

宇治抹茶が用いられた濃厚な抹茶ソースと、すっきりとした甘さが特徴の桜餡(あん)ソースが、まろやかなスチームミルクに合わせられ、仕上げに赤しそとサクラクランチがトッピングにされます。

さらに2022年は桜餡ソースに白餡が使われ、和菓子のような上品な甘さ、かつ抹茶の風味をより濃厚に感じられるよう仕上げられたとされています。カップの底に手を添えて味わいたくなるような一杯と打ち出されています。

春うららブレンド

猿田彦珈琲「さくら抹茶ラテ」「春うららブレンド」

「春うららブレンド」は全店舗と公式オンラインショップで取り扱われます。販売価格はワンサイズのドリップコーヒーがイートイン600円、テイクアウトが589円。コーヒー豆が100gあたり1,000円、5袋入りドリップバッグが1,000円。

農家より直接仕入れられたダイレクトトレードの豆が用いられ、中深煎りに焙煎されています。エチオピア、コスタリカ、エルサルバドルの豆が配合されていて、やわらかなピーチやラズベリーのような甘さとみずみずしさが特徴。春らしいフローラルな香りが鼻にぬけ、風になびいて揺れる満開の桜を連想させるようなエレガントなアフターテイストが目指されています。パッケージデザインは5種類が1組になっていて贈りものに向くとされています。