くら寿司「牛カルビの担々麺クッパ」

くら寿司で試せる、裏技メニューをまとめてチェック!えん食べ編集部が実際に試してみて美味しかった「くら出汁でひつまぶし風」と「牛カルビの担々麺クッパ」をご紹介します。※ 各メニュー名リンクをクリックすると詳しい記事ページへ飛びます

ひつまぶし風

作り方は簡単。うな丼にぎり(一貫)を深めのお皿に移し、くら出汁をお好みの量かけるだけ!これだけで「ひつまぶし風」のメニューが完成します。うなぎはふっくら柔らかくなり、酢飯も柔らかに。ほのかに残る酢の風味も良いアクセントになっています。さらさらっと食べられる、絶品裏技メニューです。

くら寿司「ひつまぶし風」

牛カルビの担々麺クッパ

牛カルビの担々麺クッパ」を作るのに注文するのは「胡麻香る担々麺」と「旨だれ牛カルビ」の2品。まずは「胡麻香る担々麺」の麺を食べ、残ったスープに旨だれ牛カルビを投下。牛カルビに絡んだ旨だれと、酢飯の風味がスープと合わさって……、これは予想以上に美味しい!!牛カルビの旨みが良い仕事してる〜!〆にもおすすめですよ。

くら寿司「牛カルビの担々麺クッパ」