ブルーボトルコーヒー春向けメニュー
(画像の出典はすべてブルーボトルコーヒー公式サイト)

ブルーボトルコーヒーに1月15日から春向けのメニューが登場することが公式ブログで発表されました。「ワッフル プレート ストロベリーバタークリーム [Tangentes監修]」「パブロヴァ ストロベリーソース [Tangentes監修]」「シーズナルタルト ストロベリー [Tangentes監修]」「ブランチ プレート フレッシュサラダ ソイクリームソース & グリーンハーブペースト」「ブランチ プレート ローステッド ベジタブル ソイクリームソース」が用意されます。

ワッフル プレート ストロベリーバタークリーム [Tangentes監修]

ブルーボトルコーヒー春向けメニュー

「ワッフル プレート ストロベリーバタークリーム [Tangentes監修]」は注文があってから焼き上げられる、熱々のリエージュワッフルにストロベリーソースとストロベリーバタークリームがチーズのようにスライスされのせられたプレート。

旬を迎える苺(いちご)がコンポートにされ、バタークリームに混ぜ合わせられた見た目も楽しめる春を先取りしたような可愛らしい仕上がりとされています。

幡ヶ谷「Equal」のオーナーパティシエである後藤氏と新宿ハイアットリージェンシーでシェフパティシエを務めた仲村氏によるパティシエユニットTangentes(タンジェント)監修です。ブルーボトルコーヒーの渋谷カフェ、京都カフェ、梅田茶屋町カフェで取扱われます。

パブロヴァ ストロベリーソース [Tangentes監修]

ブルーボトルコーヒー春向けメニュー

「パブロヴァ ストロベリーソース [Tangentes監修]」はホイップクリームと低温で焼き上げられたサクサクのメレンゲ、クラフトアイスクリームブランド「HiO ICE CREAM」のシングルオリジンミルクアイスクリームに、色鮮やかな果実の食感も楽しめるストロベリーソースが合わせられています。ランチの後でも楽しめるよう軽めに作られ、かつ満足感のあるデザートとされています。

Tangentes監修。清澄白河フラッグシップカフェ、青山カフェ、渋谷カフェ、京都カフェ、梅田茶屋町カフェで販売されます。

シーズナルタルト ストロベリー [Tangentes監修]

ブルーボトルコーヒー春向けメニュー

「シーズナルタルト ストロベリー [Tangentes監修]」は千葉県山武郡に位置する「Strawberry House Asano」により栽培された苺が用いられた一品。栽培方法や収穫タイミングにもこだわられ、収穫された苺はその日に発送されます。

サクサクのタルト生地とディプロマットクリームが合わせられ、クリームの下にはジェニパーベリーの香りをつけた苺コンポートが敷き詰められ、そこにフレッシュの苺がこぼれ落ちそうなほど盛り付けられ、甘さをが抑えられたホイップクリームとピスタチオが飾られています。

Tangentes監修。清澄白河フラッグシップカフェで注文が可能です。

ブランチ プレート フレッシュサラダ ソイクリームソース & グリーンハーブペースト

ブルーボトルコーヒー春向けメニュー

「ブランチ プレート フレッシュサラダ ソイクリームソース & グリーンハーブペースト」は料理家・副島モウさん監修。古代小麦と米粉が使われたパンケーキのようなしっとりとしたワッフル入り。リエージュワッフルとはまた違う、ふんわりとした甘みと古代小麦ならではの香ばしさが特徴とされています。

ボリュームのあるサラダが合わせられています。しっかりと味が感じられるフレッシュな葉野菜、トマト、プロシュートが塩とオイルでシンプルに仕上げられたもの。添えられるソースは豆乳クリームなどが使われたマヨネーズと、春菊をペーストにされた色鮮やかなグリーンハーブペースト。半熟ゆで玉子と一緒に味わえます。

渋谷カフェ、京都カフェ、梅田茶屋町カフェで販売されます。

ブランチ プレート ローステッド ベジタブル ソイクリームソース

ブルーボトルコーヒー春向けメニュー

「ブランチ プレート ローステッド ベジタブル ソイクリームソース」はローストされることで甘味や味わいが引き出された野菜と、古代小麦と米粉が使われたパンケーキのようなしっとりとしたワッフルの組み合わせ。玉子が使われず大豆製品で作られたソイクリームソースが添えられます。

渋谷カフェ、梅田茶屋町カフェで販売されます。