栽培用種芋「ぽろしり」袋で育てるじゃがいもの土「ポテトバッグ」

カルビーポテトとプロトリーフから、カルビーポテトの栽培用種芋「ぽろしり」と、共同開発した袋で育てるじゃがいもの土「ポテトバッグ」が、九州エリアのホームセンター、園芸店で順次販売されています。

「未来を担う次世代の子どもたちに、じゃがいもや土に触れる機会をつくりたい」という両社の想いから開発がスタート。じゃがいも栽培体験を通じて、自然の恵みを育む楽しさと大切さを届けます。「ポテトバッグ」には初期生育に必要な元肥もすでに配合されているため、種芋の「ぽろしり」をそのまま植えて水やりをするだけで初心者でも簡単にじゃがいも栽培がスタートできます。

栽培用種芋「ぽろしり」

栽培用種芋「ぽろしり」は、カルビーポテトが10年以上かけて開発したオリジナル品種です。切らずにそのまま植えつけるのに適したサイズを揃えました。カルビーポテトではこの商品で初めてホームセンターでの販売に取り組みます。SSサイズ2個。想定価格は250円前後(税込、以下同じ)。

栽培用種芋「ぽろしり」

袋で育てるじゃがいもの土「ポテトバッグ」

じゃがいものプロフェッショナルカンパニーであるカルビーポテトと、園芸用土の販売でトップクラスのシェアを誇るプロトリーフが共同開発。培養土には軽くて持ち運びのしやすいココヤシピートやハスクチップなどを採用し、種芋を植えつけ、水やりをするだけで誰でも手軽に収穫まで楽しめます。加えて100%植物原料由来なので栽培後の土は燃えるゴミとして廃棄できます。想定価格は1,000円前後。

袋で育てるじゃがいもの土「ポテトバッグ」