サンクゼール・久世福商店「いいづなアップルブランデー 2021 Blanche ふじ&高坂」

全国のサンクゼール・久世福商店の店舗とサンクゼール公式オンラインショップで、「いいづなアップルブランデー 2021 Blanche ふじ&高坂」が発売されました(一部の店舗をのぞく)。ボトルサイズは、245ml入りボトル・35ml入りボトルの2種類。245mlのボトルは1,000本限定販売。

いいづなアップルブランデー 2021 Blanche ふじ&高坂

サンクゼール・ワイナリーでは2017年より、地元長野県飯綱(いいづな)町産のりんごを100%使ったアップルブランデーづくりに取り組んでいます。今回発売された「いいづなアップルブランデー 2021 Blanche ふじ&高坂」は、飯綱町で収穫された「ふじりんご」と、“幻の和りんご”と言われる「高坂りんご」の2種類のりんごを使って作られています。

サンクゼール・久世福商店「いいづなアップルブランデー 2021 Blanche ふじ&高坂」
245ml入り

サンクゼール・久世福商店「いいづなアップルブランデー 2021 Blanche ふじ&高坂」
35ml入り

丁寧に蒸留して作り上げられた樽熟成が施されていないホワイトブランデーは、飲み口がすっきりと軽やかで、りんごならではの芳醇な香りや深みのある味わいを楽しむことができます。ロマンティックな余韻が、大人のリラックスタイムにもぴったり。ストレートやロック、ソーダ割りなど好みの飲み方で味わえます。チョコレートやドライフルーツ、ナッツなどとも相性抜群。アルコール分は40%。価格は245ml入りが3,080円(税込)、35ml入りが759円(税込)。

サンクゼール・久世福商店「いいづなアップルブランデー 2021 Blanche ふじ&高坂」

高坂りんご

幻のりんご「高坂りんご」

高坂りんごは和りんごの一種で、飯綱町に古くから伝わる天然記念物。西洋品種のりんごの人気が高まるにつれ、高坂りんごの栽培は衰退し一度は絶滅寸前の状態になりましたが、現在およそ50件の農家が高坂りんごの栽培を手がけ復活を果たしました。

高坂りんごはピンポン玉ほどの大きさで、ころころと鈴のように実り、可愛らしい紅色をしているのが特徴。そのまま食べると渋味が強いりんごですが、原酒にしてブランデーに使用すれば、ビターな深みを感じられる味わいに仕上がります。