サンクトガーレン「7種の桃のエール」

サンクトガーレンから、山梨の“訳あり桃”を活用したビール「7種の桃のエール」が10月27日に発売されました。瓶容量330ml、想定価格は506円(税込)。

7種の桃のエール

サンクトガーレンでは桃を使ったビールを2011年から不定期に醸造し、樽生限定で販売。2016年からは横浜赤レンガ倉庫で開催される「横浜オクトーバーフェスト」の会場限定ビールとして毎秋提供されており、1日1,000杯超の販売実績をもつ名物ビールとなっていました。しかし昨年、今年と2年連続でイベントの開催中止が決定。昨年に引き続き瓶で販売されます。

サンクトガーレン「7種の桃のエール」

外観などに難があり一般販売できない“訳あり桃”を活用。今年は白凰・夢しずく・あかつき・まどか・川中島・ゆうぞら・さくらが使用されています。500kgたっぷり使用することで、香りも味わいも桃感溢れるビールに仕上げられました。アルコール5.5%。

サンクトガーレン「7種の桃のエール」に使った桃

桃は皮と種を除きピューレ状に加工してから、ビールのベースとなる麦汁に投入。ただ甘いだけではなく、桃のタネ付近の酸味も感じることができます。まるで生の桃を丸ごとかじったような味わい。

サンクトガーレン「7種の桃のエール」に使った桃

取り扱いは直営オンラインショップ、京王百貨店 新宿店、日本橋三越本店、東武百貨店 池袋店、高島屋(新宿店、京都店、大阪店、泉北店)ほか。