森永製菓「マシマシ小枝<昭和給食のあげパン味>」

森永製菓のロングセラーチョコレート「小枝」から、「マシマシ小枝<昭和給食のあげパン味>」が10月12日に発売されます。なくなり次第終了。内容量30g、価格は108円(税込)。

マシマシ小枝<昭和給食のあげパン味>

「マシマシ小枝」シリーズはそのネーミングの通り、いつもの「小枝<ミルク>」よりも“チョコ増し、具材増し”。よりサクサクした食感で食べ応えがあります。手につきにくく、手軽にどこでも食べられるのが特徴。

今回登場する「マシマシ小枝<昭和給食のあげパン味>」は、小枝50周年を記念して、小枝が誕生した“昭和のあげパン”の味わいをイメージ。小枝とあげパンという意外性のある組み合わせで、おいしさはもちろん、驚きとワクワク感を楽しんでほしいと考えて開発されました。

森永製菓「マシマシ小枝<昭和給食のあげパン味>」

チョコ、小麦パフ、米パフ、きなこの絶妙なバランスにより、給食で人気だった“あげパン”の懐かしい味わいを表現。バリーカレボー社より提供されるサステナブルカカオ原料である「ココアホライズン認証カカオ」が使用されています。※ ココアホライズン認証カカオは、マスバランス方式(認証原料と非認証原料が混合される認証モデル)。

小枝

「小枝」は1971年に登場。当時は、高度経済成長の影で環境破壊が進行し世間も自然環境に目を向けるようになった頃で、「高原の小枝を大切に」と自然の大切さを訴えるTVCMと共に発売されました。約半世紀の時を経て当時よりも社会問題が多様化した今、環境負荷に配慮したパッケージや、カカオ生産者への支援に繋がるチョコレートを採用するなど、未来のための取り組みを実施しています。

森永製菓「小枝」