三菱食品「J-CRAFT HOPPINGももふわIPA」

華やかな香りと苦味のバランスが特徴のIPAスタイルのビールが専門に展開されている三菱食品の「J-CRAFT HOPPING」ブランドから、新たに「J-CRAFT HOPPINGももふわIPA」が登場します。9月14日から全国で取り扱われます。350ml缶入りで、想定価格は298円(税別)。

J-CRAFT HOPPINGももふわIPA

J-CRAFTHOPPINGはコーディネーターの田嶋伸浩氏と、ソムリエと利き酒師の資格を持つ三菱食品の社員によりデザイン、プロデュースされているビールブランド。クラフトビールの中でもIPAが採用されました。ホップの香りが重視され、口から鼻に抜ける香りが特徴のフレーバーが展開されています。

今回の「ももふわIPA」は、桃とホップのジューシーさを一段と味わえる「ヘイジースタイル」で、フルーティーなホップの香りと味わいが際立つ、にごりのある外観が特徴。苦味おだやか、ホップの香りと甘さを感じるやわらかくなめらかな口当たりが楽しめます。苦みの指標となるIBU(国際苦味単位)は30。通常レベルの25に比べ少し強いものの、心地よく飲み飽きない味わいとされています。

香料は用いられずに桃果汁が加えられ、モザイク、シトラ、コロンバスといった個性的なフレーバーホップと組み合わせられた、ホップの香りを楽しめるホップが主役のクラフトビールと案内されています。アルコール分は6.5%。