竹風堂「栗蒸し羹 くりづと」
(画像の出典はすべて竹風堂公式サイト)

長野・小布施の竹風堂から期間限定の栗羊羹「栗蒸し羹 くりづと」が登場することが公式サイトで発表されました。9月1日から販売開始され、店舗のほか公式オンラインショップで注文可能。販売価格は1棹(270g)1,728円(税込、配送料別)などとなっています。

栗蒸し羹 くりづと

竹風堂「栗蒸し羹 くりづと」

竹風堂によると、「くりづと」は登録商標にもなっていて、「づと」は漢字の「苞」の意味。土地の産物、みやげものなどともいうところから命名されました。

江戸時代に登場した羊羹ははじめ蒸し羊羹で、今のように寒天で固める煉り羊羹はあとから考案されました。小豆こし餡(あん)、小麦粉などが原料となった蒸し羊羹は、煉り羊羹とは異なるもっちりした食感が好まれます。

くりづとでは栗粒入りの栗餡が加えられていて、栗の名産地である小布施ならではの味わいが楽しめるよう工夫されています。もっちりした食感の中に滑らかな食感があるのが特徴です。

例年、夏場は製造が休止されますが秋に再開されます。カロリーは100gあたり243kcal。日持ちは約10日間となっています。