スターバックス「フードロス削減」プログラム

スターバックス コーヒーで、店舗での食品の廃棄を極力減らす「フードロス削減」を目指すプログラムが8月23日よりスタート。廃棄としてフードを無駄にしないため、ドーナツやケーキ、サンドイッチなど店舗ごとの当日の在庫状況に応じて、閉店3時間前をめどに20%オフで販売されます。また、このプログラムによる売上の一部が認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえに寄付されます。

スターバックス「フードロス削減」プログラム

今回のプログラムは、2021年3月に東京都と埼玉県の90店舗ほどで1か月間のトライアルを実施。お客からは「スターバックスで買うことで良いことに貢献できる」「少しでも廃棄を減らすことができるなら」などアクションへの賛同があったほか、店舗のパートナー(従業員)からも「お客様と一緒に進められるサステナブルな取り組みで、誇りを持って商品を勧められる」「実際に廃棄量の削減につながり、心理的にもプラスに感じた」といったポジティブな声が集まりました。

各店舗のフードケース内の商品を対象に、閉店3時間前をめどに20%オフの価格で提供されます。 当日の各店の在庫状況に応じて、実施有無・開始時間が異なります。プログラム実施中は「SAVE FOOD」のPOPが掲出されます。

 ヨーグルトやキッズドリンク、水など一部の商品は対象外となります。また、当日の各店の在庫状況に応じて対象商品は異なります。

なお、同プログラムによる売上の一部は、地域の子どもたちのより良い食と未来づくりをサポートするため、認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえに寄付されます。

※ スターバックス リザーブ ロ―スタリー 東京など、取り扱い商品が異なる店舗は対象外です。