簡単シンプル!枝豆の茹で方
基本の枝豆の茹で方。両端を切って塩もみし、茹でることで、お豆に塩味がしっかり行き渡って絶妙なあんばいになります。
原材料 枝豆、塩、水
ツール ボウル、ざる、鍋、キッチンばさみ
作業時間 15分
1. 枝豆を枝から外しよく洗う
2. 両端をキッチンばさみで切り落とす
3. 塩もみする
4. 熱湯で4~5分茹でる
5. ざるにあげて冷ます

基本の枝豆の茹で方

夏のおつまみと言えば…枝豆!家飲みのおともにぴったりですよね。ということで、基本の枝豆の茹で方をご紹介します。茹で時間や塩加減を一度覚えてしまえば簡単ですよ!

枝豆の茹で方

用意するもの

枝豆 200~300g
水 1リットル
塩(揉み込み用) 大さじ1(15g)
塩(茹で用) 25g

手順

枝から枝豆を外して流水で洗います。

ステップ1 基本の枝豆の茹で方

枝豆の両端をキッチンばさみ等で切り落とします。これにより、茹でたときに味が中まで染み込みます。時間がなかったらこの工程はパスしてもOK。

ステップ2 基本の枝豆の茹で方

塩を振り、手でこすり合わせるようにして揉み込みます。

ステップ3 基本の枝豆の茹で方

水を鍋で沸騰させ、塩25gを加えます。塩が付いたままの枝豆を入れて茹でます。

基本の枝豆の茹で方

ステップ4 基本の枝豆の茹で方

4~5分ほど茹でたら、ざるにあげて水を切り、冷まします。

ステップ5 基本の枝豆の茹で方

できあがり!

基本の枝豆の茹で方

基本の枝豆の茹で方

ぷりぷりホクホクと食感の良い枝豆の甘みを、絶妙な塩気が引き立てます。夏のおつまみと言ったらやっぱりこれ!茹でたては一番美味しいですよね。なお、もし食べてみて塩気が足りないと思ったら、茹で上がったあとにパラパラッと適量を振りかけてくださいね!