森永製菓「チョコボールのなかみ<梅味>」

森永製菓の「チョコボール」ブランドから「チョコボールのなかみ<梅味>」が登場します。8月17日より全国で取り扱われます。内容量36gで想定価格は108円(税込)。

チョコボールのなかみ<梅味>

チョコボール製造工場内での「チョコボールにチョコレートを掛ける前の状態がおいしい」という声から生まれた「チョコボールのなかみ」の新フレーバー。従来のチョコボールのなかみについて「酒のおつまみに良い」という声があったことから、まだまだ気温が高くビールなどの家飲みの機会が増えるこの季節によりつまみに適した品として作られました。

原料となるピーナッツは独自のロースト製法により苦みが抑えられかつ香りが引き出され、小麦粉と糖蜜をまぶされ焼き上げられる「おのろけ掛け」が施された後、チョコレートで包まれずに別の味付けがされています。

今回は新フレーバーとしてピーナッツと相性がよく、かつ、つまみの定番として梅味が選ばれています。ピーナッツの心地よい食感と、梅のすっぱしょっぱい風味、塩気の効いたしょっぱい風味が、夏の暑さを乗り切るお酒のともに最適と案内されています。