スターバックス「サイレン ブレンド(Siren's Blend)」

スターバックス コーヒー各店で、スターバックスを象徴する“サイレン”の名を冠したコーヒー豆「サイレン ブレンド(Siren's Blend)」が7月14日より販売されます(一部の店舗をのぞく)。250g入り、価格は1,339円(税込)。

サイレン ブレンド

さわやかでほどよいコクのミディアム ローストの「サイレン ブレンド」は、コーヒー産業の未来を切り開こうとする女性への尊敬の念を込め、新たな定番コーヒーとして開発されたコーヒー豆。スターバックスの女性を象徴するロゴマークに描かれたサイレンからその名を冠し、「女性のリーダーシップ育成」と「持続可能なコーヒー栽培」を進める、スターバックスが長年、支援活動を続けている東アフリカとラテンアメリカの2つの生産地域のコーヒー豆がブレンドされています。

「サイレン ブレンド」のすべての生産プロセス(コーヒー豆の調達、焙煎、ブレンド、パッケージング)において、女性が関わっています。そして生産者のみならず、ロースターやバリスタとしてコーヒー業界で活躍するすべての女性に対する敬意が込められた記念すべきコーヒーとなっています。

スターバックス「サイレン ブレンド(Siren's Blend)」

「サイレン ブレンド」は、フローラルな香りとシトラスやココアを思わせる風味が心地よく調和する、さわやかでほどよいコクのある味わい。ホットでもアイスでも美味しく味わえるのが特徴です。アイスコーヒーとしては、ジューシーですっきりとした味わいが引き立ちます。一方、エスプレッソで抽出すると、チョコレートやフローラルな後味など複雑な味わいを楽しむことができます。

中でも、コールドブリューはスターバックスが最もおすすめする抽出方法。じっくり抽出することで、なめらかな口あたりと、ココアを思わせる風味、フローラルでシトラスのような複雑な風味をしっかり感じることができます。