エノテカ「ジョエア・オーガニック・スパークリング・シャルドネ」

アサヒグループのエノテカからアルコール度数0.1%未満のワインテイスト飲料「ジョエア・オーガニック・スパークリング・シャルドネ」が登場します。7月1日から全国で販売開始されます。

ジョエア・オーガニック・スパークリング・シャルドネ

フランスのワイナリーでかつワインテイスト飲料を手掛けるドメーヌ・ピエール・シャヴァン社と共同開発されたもの。種類は白発泡。味わいは中心が銀色に輝き、全体的には淡黄の色調。主に白い花、青リンゴ、洋ナシのフレッシュでいきいきとした香りがあり、柑橘系の果物やバターの香りと調和し、繊細かつクリーミーな泡が口いっぱいに広がり、その後に柑橘系の果物のニュアンスのある非常にフレッシュな余韻が続くとされています。

原材料にオーガニック栽培の「シャルドネ」ぶどうが用いられ、保存料、亜硫酸塩、化学製品が使われず作られていると打ち出されています。またワインテイスト飲料の製法として主流の「脱アルコール法」ではなくピエール・シャヴァン社により導入された、発酵が始まらないよう低温で管理する「非発酵法」が採られています。

ぶどうが破砕されたあとジュースに果皮や種が一定時間低温で漬け込まれる「スキンコンタクト」によりシャルドネの香りが引き出され、シャルドネ由来の天然酵母や高品質なオークが用いられ、発酵工程を行わずシャンパーニュが意識された香りと味わいが表現されています。カロリーはグラス一杯(100ml)13kcalで、通常のワインの約5分の1以下。

ラベルには環境に配慮したFSC認証紙が使われ、「JOYEA ORGANIC」の文字が中央に配置されています。またワイン専門誌「GILBERT&GAILLARD」が主催するコンテストの賞を示す「ジルベール・エ・ガイヤール インターナショナル・チャレンジ 金賞」のロゴマークも入れられています。キャップシールはジップタイプで開栓しやすい仕様。

ジョエア・オーガニック・スパークリング・シャルドネの内容量は1本750ml。販売価格は1,512円(税込)。