パスコ「コオロギのバウムクーヘン」

敷島製パン(パスコ)のオンラインショップで、“100匹分”の食用コオロギパウダーを使った「コオロギのバウムクーヘン」が6月21日より販売されます。価格は2,160円(税込・送料別)。

コオロギのバウムクーヘン

「コオロギのバウムクーヘン」は、1個につきコオロギ100匹分のパウダーが配合されたバウムクーヘン。食材としてはまだまだ馴染みの薄いコオロギですが、香ばしい風味が特徴で「炒ったナッツのような香り」がバウムクーヘンの味わいに深みをもたらします。1層1層焼き色をつけてていねいに焼き上げられており、コオロギの香ばしさが引き立つ仕上がりに。

パスコ「コオロギのバウムクーヘン」

販売期間は6月21日午前10時~6月27日。数量限定のため、なくなり次第終了となります。単品のほか、人気のフィナンシェ、バゲットとバウムクーヘンの詰め合わせ「コオロギのわくわくセット」も販売されます。価格は4,536円(税込・送料別)。

パスコ「コオロギのバウムクーヘン」

Pasco 未来食Labo「Korogi Cafe」

Pascoは1920年(大正9年)創業以来、本業を通じて社会に貢献することを理念とし、未来の食糧不安に備え、持続的な食糧の安定供給を目指しSDGsの取り組みも進めています。

この取り組みの一環として、栄養価が高く地球にも優しい昆虫食に着目。高崎経済大学発ベンチャー企業であるFUTURENAUT株式会社(群馬県高崎市/CEO櫻井蓮)の食用コオロギパウダーを使った製品を研究・開発しています。