「リサとガスパール」と帝国ホテル東京のコラボ

「リサとガスパール」と帝国ホテル東京のコラボレーション「リサとガスパール 帝国ホテルにやってくる!」が7月1日より開催されます。期間限定メニューなどが用意されます。

リサとガスパール

「リサとガスパール」と帝国ホテル東京のコラボ

リサとガスパールはフランスの絵本に登場するキャラクター。リサはおしゃまな女の子。ガスパールはやさしくて、ナイーブな男の子。

帝国ホテルにやってくる!

「リサとガスパール」と帝国ホテル東京のコラボ

今回のコラボはリサとガスパールの作者であるアン・ゲオルグ夫妻と帝国ホテル東京料理長杉本雄氏のオンライン対談により実現したもの。作画を担当するゲオルグ氏により「リサとガスパール 帝国ホテルにやってくる!」というオリジナルストーリーをもとに作品3点が描き下ろされ展示されます。また杉本料理長によりコラボメニューが考案されています。

「リサとガスパール」と帝国ホテル東京のコラボ

「リサとガスパール」と帝国ホテル東京のコラボ

アフタヌーンティー

「リサとガスパール」と帝国ホテル東京のコラボ

「リサとガスパールのアフタヌーンティー 旅“TABI”PARIS-TOKYO」はパリ生まれのスイーツや料理を楽しめるアフタヌーンティー。本館17階「インペリアルラウンジ アクア」で用意されます。自由に海外旅行ができない今、東京・日比谷からパリへ旅したかのような気分を味わって欲しいという意味がこめられています。内容は次の通り。

上段にあるスイーツ「ヘーゼルナッツのサントノレ」はパリの大通りにあるスイーツ店で生まれたことから名付けられた菓子。長いサントノーレ通りを散歩するリサとガスパールがイメージしています。ヘーゼルナッツのプラリネが使われスティック状に仕立てられたパイに、マスカルポーネとホワイトチョコレートのクリームがのせられ、さらにリサとガスパールがかたどられたチョコレートで仕上げられています。

こちらも上段のスイーツ「カヌレ」はボルドー発祥のフランス菓子。リサの住む現代美術館にほど近く、杉本料理長がフランス滞在時に住んでいた家の近所でもあったカヌレで有名な老舗パティスリー「ストレー」にちなんだ一品。卵の黄身、バター、牛乳、薄力粉、砂糖などの材料にラム酒などで香りが加えられ焼き上げられています。

同じく上段の「オペラ」はパリ発祥スイーツの代表格とされる一品。層をなすコーヒークリームが染み込んだビスキュイ、チョコレートガナッシュ、コーヒー風味のバタークリームが組み合わせられています。

さらに「フランボワーズのルリジューズ」は「修道女」の服装からヒントを得たとされるフランスの伝統菓子。ピンク色のクッキーと一緒に焼き上げられたシュー生地の中に、カスタードクリームとフランボワーズコンフィチュールが詰められ、愛らしくさわやかな味わいになるよう仕上げられています。

中段にあるセイボリー「ミートボールの煮込み リンダ・ルーラーデン風」は「リサとガスパールのクッキングブック」のレシピを元に作られたミートボール。ゲオルグ氏の出身地であるドイツの伝統料理風にアレンジされています。

同じく中段のセイボリー「華やかなサラダと彩りお豆」は北海道産の4種の豆を添えたカラフルなサラダです。

下段のセイボリー「パリジャンサンド」はパリで定番のハム、エメンタールチーズ、サンドイッチにクロワッサンが用いられアレンジされています。小型キュウリの酢漬け「コルニッション」がアクセント。

同じく下段の「キッシュロレーヌ」はフランスの郷土料理。オニオン、ベーコン、チーズが入れられ風味豊かに焼き上げられています。

こちらも下段の「ほうれん草とピスタチオのケークサレ」はほうれん草の緑が美しい塩味のケーキに、ハーブで香りづけがされマヨネーズが味のアクセントになっています。

さらに「リサとガスパールのピザパン」は作者の好物であるピザが、リサとガスパールに見立てて用意されています。オリーブ、モッツァレラ、バジル、ピザソースが白と黒の2色のパンで包まれ焼き上げられています。

ベーカリーの「リサとガスパールのパン・オ・レ」はパン・オ・レ生地がベースに焼き上げられています。ガスパールがかたどられたものはココアが練り込まれています。このほか「プレーンスコーン」も用意されます。

なおアフタヌーンティーでチョコレートやピザ、パンとして用意されるリサとガスパールのキャラクターに見立てられたメニューは1人につきいずれかが提供され、指定はできません。

リサとガスパールのシブースト

「リサとガスパール」と帝国ホテル東京のコラボ

「リサとガスパールのシブースト」はパリ・サントノーレ通りに店を構えていた菓子職人、シブーストさんが考案した伝統菓子がリサとガスパールに見立てられ、白と黒の2色で仕上げられます。本館1階「ランデブーラウンジ」に用意されます。

バニラのクリームとベリーのコンフィチュールが詰められた白のシブーストはリサ、カカオ生地にチョコレートのクリームとヘーゼルナッツのムースが詰められた黒のシブーストはガスパールがモチーフ。リサとガスパールをプリントされたチョコレートが可愛らしいオリジナルペストリーです。紅茶またはコーヒー付き。

リサとガスパールのカクテル

「リサとガスパール」と帝国ホテル東京のコラボ

「リサとガスパールのカクテル ete 2021」は夏の代名詞であるスイカが使われ「リサとガスパールの夏」がイメージされたカクテル。こちらも本館1階「ランデブーラウンジ」に用意されます。スイカのフローズンにシャンパンが注がれた、暑気払いに向いたさわやかな一杯と案内されています。ノンアルコール仕立ても用意されます。

宿泊プラン

宿泊プラン「「リサとガスパール 帝国ホテルにやってくる!」アフタヌーンティー&ステイ」は「リサとガスパールのアフタヌーンティー 旅“TABI”PARIS-TOKYO」「リサとガスパールのシブースト」の両方を楽しめる食事付き。

また1人当たりコラボ企画のオリジナルアート作品2点が描かれたマグカップ1個と、オリジナルポストカード3枚セットが特典として付きます。

それぞれの販売価格は次の通り。飲食メニューの表記はすべて税込、サービス料別。宿泊プランは税込、サービス料込となっています。

・ リサとガスパールのアフタヌーンティー 旅“TABI”PARIS-TOKYO 7,150円
・ リサとガスパールのシブースト 3,000円
・ リサとガスパールのカクテル ete 2021 アルコール 2,200円
・ リサとガスパールのカクテル ete 2021 ノンアルコール 1,980円
・ 「リサとガスパール 帝国ホテルにやってくる!」アフタヌーンティー&ステイ 1泊2人 7万4,300円

(C)2021 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre