アイリスフーズ「低温製法米 アルファ化米」

水またはお湯を注ぐだけでごはんができる「低温製法米 アルファ化米」が、アイリスフーズから6月4日に発売されます。全国のホームセンターやスーパーなどでの取り扱い。

アイリスフーズ

アイリスフーズは、2011年の東日本大震災における復興支援とお米の消費拡大を目的として、2013年にアイリスオーヤマが設立したブランド。「パックごはん」や「切りもち」をはじめ、今年2月には近年の防災意識の高まりを受けて「レトルト食品」や「缶詰」、「飲料水」の製造も開始されました。

低温製法米 アルファ化米

今回登場する「低温製法米 アルファ化米」は、15度以下の低温で保存・精米・包装が行われる「低温製法米」を炊飯したのち、急速乾燥させて仕上げられた加工米。急速乾燥によりでんぷん構造を残したまま水分量を減らすため、賞味期限は製造から5年半と長く、防災食としての備蓄に向きます。

アイリスフーズ「低温製法米 アルファ化米」

食べるときは、水またはお湯を加えるだけで調理でき、火や電気が使えない災害時に活用できます。味は、白米、五目御飯、きのこ御飯、わかめ御飯、ドライカレーの5種類がラインナップ。備蓄した食品を日常で消費しながら買い足す「ローリングストック」を実践することで、楽しみながら災害に備えられます。

アイリスフーズ「低温製法米 アルファ化米」

想定価格は、白米のみ322円、それ以外は376円、いずれも税込。