亀屋万年堂「若あゆ」
(画像の出典は亀屋万年堂公式サイト)

亀屋万年堂に夏の和菓子として「若あゆ」が登場することが公式サイトで発表されました。季節限定の涼菓として、6月1日~7月31日に取り扱われます。

初夏を迎えるころにお店に並び、この時期に川をのぼる魚、鮎(あゆ)の姿がかたどられていることから風物詩として各地で親しまれている一品が、「ナボナ」などで知られる亀屋万年堂でも販売されます。

亀屋万年堂「若あゆ」

亀屋万年堂の若あゆは、北海道産の小豆が用いられたこし餡(あん)がもっちりした求肥で包まれたうえ、さらにしっとりと焼き上げられた皮で巻かれています。ぷっくりと丸く可愛らしいかたちに仕上げられているのが特徴となっています。

なお、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、亀屋万年堂の一部の直販店舗では営業時間が短縮されていますのでご注意を。詳細については公式サイトの「お知らせ」欄で随時情報が更新されています。

若あゆのカロリーは1個当り128kcal。販売価格は183円(税込)となっています。