タリーズ「タリーズジップス シングルサーブ ブライトアンバー」パプアニューギニア産100%

タリーズコーヒージャパンから、パプアニューギニア産ビーンズを新設カテゴリーの浅め焙煎「MELLOW」で仕上げた簡便性コーヒー「タリーズジップス シングルサーブ ブライトアンバー」が6月4日に発売されます。沖縄のみ6月8日発売。価格は8Pが1,200円(税別、以下同じ)、4Pが640円。

タリーズコーヒーが、昨年コーヒー関連商品を購入した人に「どんな味わいが最も好みか」アンケートを実施したところ、「マイルドで飲みやすい」、「バランスが良い」、「コクが深く苦みが強い」の3つのカテゴリーの中で、「マイルドで飲みやすい」を選んだ人が4割を占めました。このアンケートを元に、苦みを抑えて飲みやすく、豊かなフレーバーが楽しめるカテゴリー「MELLOW」を新設。

「MELLOW」は、焙煎が浅めのカテゴリーを指します。酸味を強めに仕上げるのではなく、苦みを抑えて豊かなフレーバーが楽しめるコーヒーになるように焙煎。果物の甘み・円熟したという意味で、コーヒー本来の甘みをこのカテゴリーで伝えたいことから名付けられました。

今回は第1弾としてパプアニューギニア産のコーヒー100%で登場。パプアニューギニアは品質の高いコーヒーが残る希少な産地として注目されており、タリーズコーヒーも担当者が現地に赴き生産のサポートを行っています。パプアニューギニア産の優しい酸味とクリアな後味を生かした「ブライトアンバー」の、桃のようなフルーティ感と明るく爽やかな味わいが楽しめます。