松屋銀座で “銀座はちみつフェア”

東京・銀座で採れる「銀座はちみつ」が使われたオリジナルスイーツの特集「銀座はちみつフェア」が松屋銀座で5月19日から開催されます。店舗のほか、一部は公式オンラインストアでも取り扱われます。

松屋では銀座のビルでミツバチを飼い、採れたはちみつを利用する「銀座ミツバチプロジェクト」に賛同。屋上菜園で蜜源になる植物が栽培され、さらに銀座ちみつが使われたオリジナルスイーツが展開されています。今回のフェアは定番のラインアップに加え、銀座松屋に出店するブランドから新作が登場します。

アンフィニの「デビュ デ テ」はカモミールのやさしい香りとさわやかな小夏と銀座はちみつが合わせられています。初夏がイメージされたケーキ。

松屋銀座で “銀座はちみつフェア”

NOAKE TOKYOの「銀座はちみつと和栗のプリン」は和栗本来の甘味と香りが活きるよう、通常より少ない砂糖で練り上げられたペーストをベースに、口どけの滑らかさにこだわられて作られています。半分ほど食べ進んだところで付属の銀座はちみつをかけると「味変」を楽しめます。

松屋銀座で “銀座はちみつフェア”

Kuma3(クマサン)の「4種のチーズぷりんと“銀座のはちみつ”」は個性豊かな4種のチーズがバランスよく使われているのが特徴。はちみつの甘さで仕上げられています。

松屋銀座で “銀座はちみつフェア”

キャンティの「ムース・オー・ミエル(銀座はちみつババロア)」は銀座はちみつのババロアとほど良い酸味のフランボワーズゼリーのバランスが楽しめます。

松屋銀座で “銀座はちみつフェア”

清月堂本店の「銀座はちみつれもん大福」は銀座はちみつに漬けられたレモンが、マシュマロのような真っ白な生地で包まれています。餅と甘酸っぱいはちみつレモンの食感を楽しめます。天面にもはちみつレモンものせられています。

松屋銀座で “銀座はちみつフェア”

萬年堂本店の「ぎんぱちいしごろも」は萬年堂伝統の石ごろもに銀座のはちみつが使われ風味豊かに仕上げられています。

アンビグラムの「バスクチーズケーキ」はクリームチーズとトム・ド・サヴォワが使われています。濃厚なチーズケーキ。

それぞれの販売価格は次の通り。表記はすべて税込です。

・ アンフィニ「デビュ デ テ」 1個 767円
・ NOAKE TOKYO「銀座はちみつと和栗のプリン」 6個入り 7,201円
・ Kuma3「4種のチーズぷりんと“銀座のはちみつ”」 1個 1,188円
・ キャンティ「ムース・オー・ミエル(銀座はちみつババロア)」 1個 648円
・ 清月堂本店「銀座はちみつれもん大福」 1個 378円
・ 萬年堂本店「ぎんぱちいしごろも」 8個入り 1,188円
・ アンビグラム「バスクチーズケーキ」 3,780円