とらや“和菓子の日” にちなんだ「嘉祥蒸羊羹(かじょうむしようかん)」
(画像の出典はすべてとらや公式サイト)

虎屋(とらや)から、6月16日の「和菓子の日」にちなむ菓子が登場することが公式サイトで発表されました。「嘉祥蒸羊羹(かじょうむしようかん)」「嘉祥饅頭(かじょうまんじゅう)」などが用意されます。

とらやによると、和菓子の日のルーツは「嘉祥(かじょう)」という菓子が主役の行事。江戸時代には公家や武家から庶民まで厄除招福を願って菓子を食べていました。これにちなみ4種類の菓子が販売されます。

嘉祥蒸羊羹

とらや“和菓子の日” にちなんだ「嘉祥蒸羊羹(かじょうむしようかん)」

「嘉祥蒸羊羹」は江戸時代、嘉祥の行事で江戸城大広間に並べられた菓子のひとつが再現されています。夏負けの防止効果があるとされる黒砂糖が加えられた、小倉の蒸羊羹。もっちりとした食感と小豆の粒感、黒砂糖のコクのある味わいを楽しめます。6月10~16日に販売予定です。

嘉祥饅頭 3個入

とらや“和菓子の日” にちなんだ「嘉祥蒸羊羹(かじょうむしようかん)」

「嘉祥饅頭 3個入」は黄の「薯蕷饅頭」、紅の「新饅」、茶の「利休饅」と風味の異なる3種類の饅頭のセット。それぞれ嘉定通宝の意匠、小槌形の焼印、「全国和菓子協会」マークの焼印が押されています。 招福の願いが込められためでたい菓子。6月10~16日に販売予定。一部取り扱いのない店舗もあります。

福こばこ

とらや“和菓子の日” にちなんだ「嘉祥蒸羊羹(かじょうむしようかん)」

「福こばこ」は道明寺製「なりひさご」、煉切製「はね鯛 (紅・白)」「御目出糖』」の3種類が入れられた縁起の良い菓子の詰め合わせ。6月10~16日の販売予定です。

嘉祥菓子7ヶ盛

とらや“和菓子の日” にちなんだ「嘉祥蒸羊羹(かじょうむしようかん)」

「嘉祥菓子(かじょうがし)7ヶ盛」江戸時代末期に宮中に納められた菓子をもとに作られたセット。6月1~12日に予約が受け付けられ、6月14~16日に引き渡されます。注文は引き渡し日の4日前まで。このほか6月16日は店頭販売も実施されます。

それぞれの販売価格は次の通り。表記はすべて税込です。

・ 嘉祥蒸羊羹 1本 2,160円
・ 嘉祥饅頭 3個入 1箱 1,296円
・ 福こばこ 1箱 2,160円
・ 嘉祥菓子 7ヶ盛 3,240円