コカ・コーラ フリーズドライ飲料「1,2,CUBE」

コカ・コーラから新ジャンルのフリーズドライ飲料「1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)」が登場。「1,2,CUBE 緑茶」「1,2,CUBE 麦茶」が5月19日、「1,2,CUBE 珈琲」が6月28日にAmazon.co.jpで数量限定販売されます。

昨今の新しい生活様式により在宅時間が増え、自宅で手軽に楽しめるインスタント飲料のニーズが高まっています。そんな中発売される「1,2,CUBE」は、濃縮フリーズ製法により、素材のおいしさがキューブ1粒に凝縮された新ジャンルのフリーズドライ飲料。キューブを水やお湯に溶かすだけで、簡単に本格的な味わいを楽しめます。

コカ・コーラ フリーズドライ飲料「1,2,CUBE」

緑茶は、玉露のにごりが溶け込んだまろやかな味わい。麦茶は、麦芽の香ばしさが広がるすっきりとしたおいしさ。珈琲は、アラビカ豆100%のコクと香りが楽しめる本格コーヒーとなっています。

キューブ1粒を、緑茶・麦茶は200ml~400ml、珈琲は130mlの水またはお湯に入れて、軽く混ぜればできあがり。水やお湯の量はお好みで調整できます。各種1パウチ15粒入り。

コカ・コーラ フリーズドライ飲料「1,2,CUBE」

パウチは紙素材がベースに使用されており、プラスチック樹脂使用量を約13%、CO2排出量を約18%削減。サスティナブルなパッケージで環境にやさしい仕様となっています。