TROPICAL CACAO チョコレート・ドリンク

フルーツ発酵カカオのチョコレート・ドリンク「TROPICAL CACAO チョコレート・ドリンク <アーモンド>」「TROPICAL CACAO チョコレート・ドリンク <コーヒー>」が、5月11日より順次コンビニ・スーパーで販売されます。

このドリンクに使われる“フルーツ発酵カカオ”は、原料であるカカオ豆の発酵段階で、農園付近で採れる南国のフルーツを混ぜてカカオ豆にフルーツの香りをまとわせたもの。バレンタイン向けに第1弾ドリンクが販売された際には、「香料を使っていないのにフルーティーな香りが不思議」「濃厚なのに後味はさわやかでおいしい」など、チョコの濃厚さとフルーティーな軽やかさを両立した新感覚の飲料として好評でした。

今回第2弾として発売されるのは、“フルーツ発酵カカオ”の特徴を生かして新たに開発された2種のチョコレート・ドリンク。どちらもチョコレートの濃厚なコクが楽しめる一方で、“フルーツ発酵カカオ”特有のフルーティーな後味で、さわやかな飲み口を楽しめます。

「TROPICAL CACAO チョコレートドリンク <アーモンド>」は、ナッティ感が強くフルーティーなトロピカルカカオに、アーモンドミルクではなく香ばしさが特徴の“アーモンドペースト”を加えることで、濃厚なコクとさわやかなあと味が実現されています。

一方「TROPICAL CACAO チョコレートドリンク <コーヒー>」は、コーヒーが主役でチョコレートが脇役のカフェモカとは異なり、チョコレートが主役となるように配合を工夫。フルーティーなカカオと、深煎りコーヒーのビター感が融合した新しいドリンクに仕上げられています。