リンガーハットの長崎皿うどん

チルド商品「リンガーハットの長崎皿うどん」が、九州エリアの生協やスーパー・量販店で5月10日に先行発売されます。9月以降は販売エリアや販路をさらに拡大していく予定。2食入りで価格は300円(税込)。

「リンガーハットの長崎皿うどん」はその名の通り、リンガーハットの人気メニュー「長崎皿うどん」をフライパン一つで調理できる商品。家で料理をする機会が増える中、いつでも手軽に好みの具材でオリジナル皿うどんを作ることができます。

リンガーハットの長崎皿うどん

セット内容は、店舗と同様の自家製パリパリ麺と、新たに開発した粉末スープ。キャベツや豚肉などの具材を炒め、水で溶かした粉末スープを加えて煮込むだけの簡単調理で店舗の味を楽しめます。

麺は、店舗同様に国産小麦粉を100%使用した自家製極細麺を使用。初めはパリパリ・サクサク、あんが馴染むと柔らかくなる口当たりを楽しめます。保存料や合成着色料は不使用。

粉末スープは鶏ガラや魚介エキスをベースにした、甘みのある醤油風味。250ccの水で希釈し、炒めた具材と一緒に加熱するだけで程よいとろみのあんに仕上がります。濃厚ながらもスッキリとした後味。