ミニストップ「駅弁風 角煮弁当」

ミニストップから、コロナ下で外出や旅行・出張等の機会が減る中、“非日常の体験”として、ひとくちで旅気分が味わえるような「駅弁風弁当」のシリーズ第4弾「駅弁風 角煮弁当」が4月27日に発売されます。価格は599円(税込)。

「駅弁風 角煮弁当」は、豚肉のメニューとして人気の高い角煮が使用された弁当。豚のバラ肉を3回に分けて煮込み、手間をかけて余分な脂を落とした角煮はしつこくなく、温めなくても美味しい仕上がりです。大ぶりにカットした角煮が3つもトッピングされており、満足感のある逸品となっています。

「駅弁風弁当」のシリーズは、旅の楽しみとして“駅弁”を思い浮かべる方も多い中、“駅弁”の良さでもある「温めなくても美味しい弁当」「具材にもこだわった弁当」を、コンビニエンスストアならではの求めやすい価格での提供を目指したシリーズ。

※ 税込価格は、持ち帰り時に適用される軽減税率8%にて表示。イートインスペースで飲食する場合は標準税率10%が適用されます。