サンクトガーレン「パイナップルエール」

サンクトガーレンから、仕込みにゴールデンパイン600kgを使用したフルーツビール「パイナップルエール」が4月23日に発売されます。9月末までの夏季限定。

使用されているのはデルモンテの管理農園で栽培され、横浜の工場で手切りされたゴールデンパイン。デルモンテでは果実にストレスを与えない手切りラインが中心となっており、果汁も香りもロスの無い果実をビールに使うことができます。

デルモンテのゴールデンパイン

1回の仕込みに約600kgのゴールデンパインを使用し、果実をビールが発酵する前の麦汁(ばくじゅう)に投入。果実と麦汁の糖分を一緒に発酵させることで、泡までジューシーなパイナップル風味のビールに仕上げられています。

サンクトガーレン「パイナップルエール」

ベースのビールは、Brut IPA(ブリュットアイピーエー)スタイルを採用。Brut IPAはブリュット(辛口)のシャンパンからインスピレーションを受けたビアスタイルで、強いホップフレーバーをもちながら、非常にドライで軽やかな苦味が特徴。麦芽のコクをあえて削ぎ落とすことで、華やかなホップの風味とパイナップルのジューシーさを際立たせています。アルコール5%。

サンクトガーレン「パイナップルエール」

内容量330ml、想定価格は506円(税込)。取扱いはオンラインショップ、横浜高島屋、そごう横浜店ほか。サンクトガーレン樽生取扱い飲食店では樽生で楽しむこともできます。