家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」

アサヒビールの家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」が5月25日から開始されます。これに先立ち4月7日からサービス会員が募集されます。

アサヒビールにより独自開発された「本格泡リッチサーバー」が会員に貸し出され、「スーパードライ」のミニ樽2Lが毎月2回、自宅に定期配送されます。

業務用ビールサーバー開発でつちかわれた技術が活用され、クリーミーできめ細かい泡が抽出できると打ち出されています。またビールの抽出モードは、通常の温度帯(4度~6度)の「スタンダードコールド・モード」と氷点下の温度帯(-2度~0度)の「エクストラコールド・モード」が選べます。

さらに自宅だけでなくキャンプやバーベキューなどのアウトドアでも利用できるよう、アウトドア専門誌「GO OUT」監修の屋外で使える専用キャリーケースが会員限定で別途販売されます。これらのサービスはいずれも原則として全国から利用できますが、沖縄県と一部離島地域は対象外となります。

利用料金は月額7,980円(税込、以下同じ)。内訳はサーバーレンタル料金を含む基本料金2,990円、ビール料金4,990円。ミニガス、配送料込となっています。なおビールの追加発注も可能でミニ樽1本あたり1,980円となっています。