サンクトガーレン「湘南ゴールド」

サンクトガーレンから春夏限定フルーツビール「湘南ゴールド」が登場します。神奈川産柑橘「湘南ゴールド」が使われた一品。4月14日の「オレンジデー」に販売開始され、9月末まで取り扱われます。

サンクトガーレン「湘南ゴールド」

湘南ゴールドは神奈川県により12年の月日をかけて育成され、2003年に品種登録された柑橘。見た目はレモンのような黄色ですが、食べると甘いオレンジの味わいで、華やかな香りが特徴。

サンクトガーレン「湘南ゴールド」

サンクトガーレンによると柑橘は豊作の表年とその逆の裏年とを交互に繰り返し、大半の湘南ゴールドは2021年が「表年」。しかし2020年12月の果実が肥大する時期に雨が少なかったため全体にサイズが小ぶりとなっています。その分糖度は高い傾向にあるとのこと。

サンクトガーレン「湘南ゴールド」

今回はそうした果実がビール職人により切られ、皮も果汁も捨てる部分なく丸ごと入れられていて、使用量は麦芽量の30%。グラスに注いだときの香り、口に含んだときに鼻に抜ける香りなどに湘南ゴールドの風味が弾けるお酒として仕上げられています。

サンクトガーレン「湘南ゴールド」

なお日本ではビールに果物を用いる場合、麦芽量の5%以内と定められていますが、湘南ゴールドではそれを超えるため、ビールと表記されず「発泡酒」となっています。ただし麦芽率は高いため実際の税率はビールと同じ。

サンクトガーレン「湘南ゴールド」

発売日となる4月14日のオレンジデーは、2月14日のバレンタインデー、3月14日のホワイトデーに続き第3の愛の日として日本記念日協会に登録されています。オレンジはたくさんの実がなるため「繁栄」「多産」のシンボルとされ、「花嫁の喜び」という花言葉を持つため、ふさわしいとして制定されています。

サンクトガーレン「湘南ゴールド」

瓶入りでの販売場所の例は次の通り。

・ サンクトガーレン公式オンラインショップ
・ 東急百貨店 吉祥寺店
・ 横浜そごう
・ 京急百貨店
・ イオンリカー(一部店舗除く)

このほか「サンクトガーレン樽生」取り扱い飲食店では樽生で楽しめます。アルコール5%、内容量は1瓶330mlで、想定価格は506円(税込)。