スープストックトーキョー「駿河湾産桜海老のクリームスープ」

スープストックトーキョー各店で、3年ぶりに「駿河湾産桜海老のクリームスープ」が4月24日・25日および5月10日~14日の期間に数量限定で販売されます。「家で食べるスープストックトーキョー」では4月24日から冷凍スープを販売。

スープストックトーキョーでは、“春を告げるスープ”として2010年から駿河湾産桜海老を使用したクリームスープを販売。噛みしめるほどに香りが立ち、甘みが強い「桜海老」は、日本では駿河湾のみで水揚げされる大切な資源。2018年の休漁を皮切りとした桜海老の資源保護活動に賛同し、店舗での販売を休んでいました。

生産者の取り組みで少しずつ漁獲量が増えており、貴重な桜海老を買い続けることで少しでも生産者の力になりたいという想いから、3年ぶりに全店で販売することが決定。おいしい自然の恵みを届けることも、駿河湾産の桜海老を守ることにつながると考えています。

駿河湾産桜海老の漁

「駿河湾産桜海老のクリームスープ」は、駿河湾産の桜海老を使った春のスープ。アンチョビとにんにくの旨味にキャベツと玉葱の甘みを合わせ、野菜ブイヨンで煮込まれています。レギュラーカップ単品の価格は店内649円、テイクアウト637円。

スープストックトーキョー「駿河湾産桜海老のクリームスープ」