551HORAI 「筍ちまき」
(※ 画像の出典はすべて551HORAI公式サイト)

551HORAIで春季限定メニューとして「筍ちまき」が販売開始されることが、公式サイトで発表されました。4月1日から取り扱われます。

豚まん(肉まん)で知られる551HORAIですが餃子や焼売などの点心、そして「551ちまき」シリーズも充実しています。たっぷりの具がもち米で炊き上げられ、うまみと具材のごろごろ感が特徴の中華ちまき。竹皮にもこだわられていて、風味豊かな味わいが打ち出されています。

定番の「豚肉・栗ちまき」「鶏・うずらちまき」「海鮮ちまき」の3種類に加え、春や秋には季節限定の味も登場しています。今回の「筍ちまき」もそのひとつ。

おすすめの食べ方は、家庭用の蒸し器またはセイロを用意し、蒸気が上がってからちまきを並べて10~15分蒸し上げるというもの。できたてのようにふっくらさせて楽しめると案内されています。

また500Wの電子レンジの場合、ちまきに少量の水を振りかけてラップを包んでから1個なら1分、2個なら1分40秒加熱すればよいとされています。加熱しすぎると皮が固くなります。

551HORAI 「筍ちまき」

筍ちまきの販売価格は、定番3種類と同じく1個380円(税込)です。