猿田彦珈琲 初のチルドタイプのコーヒー

猿田彦珈琲から、創業10周年を記念して、初のチルドタイプのコーヒー「猿田彦珈琲 キリッとBLACK ブラックコーヒー(無糖)」「猿田彦珈琲 真心SWEET カフェラテ(加糖)」が発売されます。3月22日より、東京をはじめとした南関東のスーパーマーケットで順次取り扱い。

猿田彦珈琲は、2011年に東京・恵比寿で開業。以来、様々なコーヒーの産地に出向いて高品質のコーヒー豆を調達し、豆の個性に合わせた焙煎を行い、飲み方に合った抽出法で一杯ずつ丁寧に作られたコーヒーが提供されています。

この度、店舗だけでなく自宅やオフィスなど様々なシーンで本格的なコーヒーの味を楽しんで欲しいとの思いから、2種のチルドコーヒーの発売に至りました。“店舗に限りなく近い美味しさ”が実現された、猿田彦珈琲として初のチルドタイプのコーヒーです。

猿田彦珈琲 初のチルドタイプのコーヒー

「猿田彦珈琲 キリッとBLACK ブラックコーヒー(無糖)」は、自社で調達したグアテマラ、ケニアなど5か国のコーヒー豆を深煎りでローストし、艶のあるなめらかな口あたりに仕上げられたコーヒー。さわやかな後味で飲みやすく、ブラックならではの満足感のある重厚な質感を実現。スペシャルティコーヒーが醸し出すダークチョコレートやダークチェリーのような良質な香りを楽しめます。想定価格は220円(税別)。

猿田彦珈琲 初のチルドタイプのコーヒー

一方「猿田彦珈琲 真心SWEET カフェラテ(加糖)」は、スペシャルティコーヒー専門店として培われた知見を生かし、ミルクを最大限に引き立てる焙煎度合いやブレンド配合にこだわり抜いたカフェラテ。ブラジルとエチオピアの豆をローストし、キャラメルやナッツがふわりと香るやさしいフレーバーと、ミルクのなめらかさ、上品で程よい甘さを楽しめます。想定価格は240円(税別)。

猿田彦珈琲 初のチルドタイプのコーヒー

なめらかな飲み心地を楽しめるよう、広い飲み口タイプのボトルを採用。ブラウンとゴールドの配色で、どんなシーンにも馴染みやすい、落ち着いた猿田彦珈琲らしいデザインパッケージとなっています。