亀屋万年堂「おはぎ」4種
(※画像の出典はすべて亀屋万年堂公式サイト)

亀屋万年堂で、春のお彼岸に合わせた和菓子として「おはぎ」4種類が販売されることが公式サイトから発表されました。3月17日から直営店限定で取り扱われます。

お彼岸には「春彼岸」と「秋彼岸」があり、春のお彼岸は春分の日を中心とした7日間。2021年の春彼岸は3月17~23日で、この時期におはぎを仏壇に供え、墓参りにでかけることから、亀屋万年堂でも作られます。

亀屋万年堂のおはぎは気軽に食べられるよう小ぶりのサイズになっていて、また北海道産の良質な小豆と厳選されたもち米が用いられ、甘さ控え目の上品な味わいに仕上げられたことも特徴として打ち出されています。なお4種類いずれも販売価格は1個194円(税込)。それぞれの販売期間は次の通りです。

・ こしあん 3月17~23日
・ つぶあん 3月17~23日
・ きなこ(つぶあん入り) 3月17~20日
・ ごま(こしあん入り) 3月17~20日

亀屋万年堂「おはぎ」4種

なお、直営店の所在地や営業時間については、亀屋万年堂の公式サイトから一覧が可能です。