バター・ブースト・コーヒー

近年じわじわ人気を集めている“バターコーヒー”。おしゃれでスリムなボトル入りの「バター・ブースト・コーヒー」を成城石井で発見しました。価格は199円(税別)。

バター・ブースト・コーヒー

中南米産アラビカ種の深煎りコーヒー豆を100%使用し、グラスフェッド・ギー「GHEE EASY」と「MCTオイル」を加えた無糖コーヒー。「GHEE EASY」は、自然放牧され天然の牧草のみを食べて育った牛の乳で作られたバターオイル(EUオーガニック認証)。ココナッツ由来100%の「MCTオイル」は、添加物を一切使用しない蒸留製法で製造されており、主成分である中鎖脂肪酸は、消化吸収がよくエネルギーに変わりやすいと言われています。1本(250ml)あたり55kcal、脂質4.5g。

バター・ブースト・コーヒー

飲んでみた

口にするとまず感じるのはバターオイルのまったりとしたコク。ミルクをたっぷり入れたカフェラテともまた違う、バターらしい濃厚さ。続いてコーヒーの風味がふわりと広がります。苦みや香りは控えめ。無糖で甘みがついていないため重たくなりすぎず、でも飲み終わった後にはしっかり満足感があります。

バター・ブースト・コーヒー

250mlという容量も程良く、忙しい朝やもうひと踏ん張りしたい午後のブレイクタイムにぴったり。「バター・ブースト・コーヒー」でシャキッと気分転換して一日を元気に過ごしたいですね!

バター・ブースト・コーヒー