サイゼリヤ春の新メニュー「ラムのランプステーキ」「ラムのラグースパゲッティ」

サイゼリヤのグランドメニューが3月17日に改定。「ラムのランプステーキ」「ラムのラグースパゲッティ」などをはじめとした新メニューが発売される。

春の新メニューにはジューシーで肉厚な「ラムのランプステーキ」(900円)、肉粒感のあるラム肉ソースをたっぷり使用した贅沢な味わいの「ラムのラグースパゲッティ」(600円)、「骨付きももの辛味チキン」(600円)などの他、ルーコラ、にんじん、オリーブをトッピングした「ガーデンサラダ」(350円)、ササミとブロッコリー、コーンが入って食べやすい「チキンのシーザーサラダ」(350円)、キャベツ、パンチェッタ、グランモラビアチーズの「田舎風やわらかキャベツのスープ」(300円)、オリーブオイルをかけて焼いたポテトグリル「カリっとポテト」(250円)などが登場。

デザートには「カシスとブルーベリーのパンナコッタ」(400円)、「カプチーノ」(200円)、「プリンとカプチーノの盛合せ」(400円)が季節限定で仲間入りする。

サイゼリヤ春の新メニュー「ラムのランプステーキ」「ラムのラグースパゲッティ」

またササッと食事したいニーズに対し「Anytimeサパー」を提案。サラダやスープなどとパンの組み合わせを紹介する。例は「ガーデンサラダ」(350円)+「ミニフィセル」(150円)、「リグーリア風ミネストローネ」(300円)+「ミニフィセル」など。