Pasco「大豆ミートメンチカツのふわふわバーガー」

敷島製パンの「Pasco」ブランドから、植物性素材が用いられ肉を使わず食べごたえが出されたパンとして「大豆ミートメンチカツのふわふわバーガー」が登場します。4月1日より、関東、中部、関西、中国、四国地区で販売開始されます。

大豆ミートが用いられたメンチカツとマヨネーズが、パンではさまれて焼き上げられた一品となっています。まるで肉のような食感と、ふわふわ食感のパン生地の相性がよく楽しめます。

またパッケージ裏面に「&Green」ロゴが表示されているのも特徴。これは環境負荷低減を目標とするPascoの取り組み姿勢をあらわすものです。なおパッケージのフィルムの一部には、植物由来の原料も使われています。

植物性の素材は最近、食資源不足、環境などの課題解決に役立つ技術として大豆ミートなどの代替肉を中心に話題となっています。Pascoでは植物性素材の原材料や包材の一部に植物由来の原料が生かされることで、こうした課題に対応しながら、パンの味わいも追求されています。