かっぱ寿司 小洞天監修「八角香る角煮入り担々麺」

かっぱ寿司各店で、本格ラーメンシリーズ第13弾として日本橋「小洞天(しょうどうてん)」が監修した「八角香る角煮入り担々麺」が発売される。3月17日より取扱スタート。

「有名店の味を身近なかっぱ寿司で」をコンセプトとした「本格ラーメンシリーズ」。第1弾から第12弾までの累計販売数は830万食を突破している。第13弾では、本格ラーメンシリーズ史上初となる「担々麺」が登場となる。

監修は日本橋の老舗「小洞天」。同店の担々麺は、胡麻だれでマイルドに仕上げられ、辛味の中にも旨みが感じられる一杯となっている。

かっぱ寿司で販売される「八角香る角煮入り担々麺」は、中華風スパイス八角の香りがきいた豚角煮と、練りごま・醤油の風味がバランスの良い上質なスープが特徴。シメにはスープを余すことなく食べつくすのにピッタリの「追いシャリ」も用意される。

かっぱ寿司 小洞天監修「八角香る角煮入り担々麺」

価格は429円(税込)。5月31日までの販売予定だが無くなり次第終了となる。追いしゃりは110円(税込)。