「SABACHi(サバチ)」「TUNACHi(ツナチ)」

魚をたっぷり使ったチップス「SABACHi(サバチ)」「TUNACHi(ツナチ)」が、味源から販売されています。スーパーマーケットやコンビニ、オンラインショップなどでの取り扱い。

SABACHi(サバチ)

約1,000年前、タイ南部のランカスカ王国の時代からあると言われる“サバチップス”。「SABACHi(サバチ)」は、サバの風味を最大限に引き出すために食品添加物を使わず、自然素材(サバ、でん粉、砂糖、植物油、食塩)で作られたチップスです。一般的な海老せんが海老を5~10%前後使用しているのに対し、サバチはサバをたっぷり70%使用。うま味調味料も不使用でほんのり塩味に仕上げられています。1袋(30g)あたり160kcal、DHA 60mg、EPA 9mg。想定価格は250円(税別)。

SABACHi(サバチ)

ひとくちサイズのチップスは、サクサクっと音が聞こえるほど軽やかな食感。青魚特有のくさみが一切なく、穏やかな旨みと塩味が広がります。良い意味でサバの主張は控えめなので、魚嫌いの子どもでもお菓子として喜んで食べてくれそう。シンプルな味付けゆえに飽きることがなく、気付いたときには一袋食べ終えていました。サバがたっぷり使用されており、量も程良いので罪悪感少なめなのも嬉しいところ。

SABACHi(サバチ)

TUNACHi(ツナチ)

「SABACHi(サバチ)」に続く第二弾として登場した「TUNACHi(ツナチ)」。マグロが70%使用されており、保存料と着色料は使われていません。1袋(30g)あたり158kcal、DHA 102mg、EPA 15mg。想定価格は250円(税別)。

TUNACHi(ツナチ)

サバチと同様サックリとした歯ざわり。魚の味の主張はこちらの方が強めですがクセは全くなし。噛むほどにツナの旨みがじんわり広がります。絶妙な塩加減がおいしさをアシスト。

TUNACHi(ツナチ)

軽やかな食感とシンプルな味わいで食べる手が止まらなくなる「SABACHi(サバチ)」と「TUNACHi(ツナチ)」。小腹が空いた時のおやつにも、お酒のつまみにもおすすめです!

「SABACHi(サバチ)」「TUNACHi(ツナチ)」