松屋「鶏のじゃがバター炒め定食」

松屋で、「鶏のじゃがバター炒め定食」が3月9日午前10時に発売されます(一部の店舗をのぞく)。松屋の毎年定番の大ヒットメニュー「ガリチキ」が、今年はじゃがいも入りでさらに美味しくなって登場。

「毎年好評だが、同じ商品のままではお客を飽きさせてしまう」と悩んでいた開発者が目をつけたのが、バター醤油に合う“北海道十勝産じゃがいも”。「ガリチキ」の良さを活かしたままじゃがいもをプラスすることで、旨味と甘みも感じられるより深い味わいに仕上げられました。

松屋「鶏のじゃがバター炒め定食」

柔らかくジューシーに焼き上げた鶏もも肉とホクホクの北海道十勝産じゃがいもに、特製にんにく醤油タレと国産バターを鉄板でジュワっと絡ませ炒めた旨味あふれる一品。口に入れた瞬間、鶏もも肉の肉汁とにんにくの香り、バターのコクが広がり、ご飯がすすむこと間違いなしです。じゃがいもの甘みとホクホクとした食感がアクセントとなり、バター醤油とも相性抜群。

税込価格は「鶏のじゃがバター炒め定食」690円、「鶏のじゃがバター炒めW定食」1,090円、「単品」490円(店内・持ち帰りの税込価格は同一)。持ち帰りの場合、みそ汁は別途60円。

松屋「鶏のじゃがバター炒め定食」

「鶏のじゃがバター炒め定食」を注文すると、3月23日午前10時までライス大盛が無料サービスされます。