日本ハム「レストラン仕様 カルボナーラ」「どんぶり繁盛 炙り鶏 親子丼の具」

日本ハムからレトルト食品として「レストラン仕様 カルボナーラ」「どんぶり繁盛 炙り鶏 親子丼の具」が2月20日に全国の量販店、食料品店を通じて発売されます。

日本ハムによると、コロナ禍で「内食」の需要が増える一方、買い物頻度を減らしたいという意識からまとめ買い、長期間保管できる常温品が人気。今回「レストラン仕様」「どんぶり繁盛」の両シリーズから登場する新メニューはどちらもそうした用途に適した作りになっています。

「レストラン仕様 カルボナーラ」は想定価格540円(税込、以下同じ)で、1袋120gの4袋入り。レストラン仕様シリーズ6種類のうちのひとつとなり、レストランの厨房のように手間ひまかけた作り方で仕上げられたことが特徴として打ち出されています。

「どんぶり繁盛 炙り鶏 親子丼の具」は想定価格648円。1袋160gの3袋入り。どんぶり繁盛シリーズ3種類のうちのひとつとなり、肉、野菜のうまみがきいたこだわりのどんぶりとして打ち出されています。