吉野家 本醸造生貯蔵 柏露酒造謹醸 720ml/300ml瓶

吉野家で“牛皿に合う日本酒”として人気の「冷酒」が商品化。「吉野家 本醸造生貯蔵 柏露酒造謹醸 720ml/300ml瓶」が2月16日より販売されます。全国の小売店や柏露酒造公式通販ショップ、Amazonなどでの取り扱い。

吉野家の冷酒は、牛皿はもちろんお新香、生姜、キムチとともに愛されてきたお酒。ちょい呑みブームの火付け役となる2013年から始まった「吉呑み」でも親しまれ、仕事帰りの軽い一杯や、休日に気軽に飲めるお酒として飲まれています。そんな冷酒を「家でも飲みたい」というお客からの声に応え、今回の商品化に至りました。

吉野家 本醸造生貯蔵 柏露酒造謹醸 720ml/300ml瓶

「吉野家 本醸造生貯蔵 柏露酒造謹醸」は、越後長岡の地酒蔵「柏露酒造」が醸す、新潟県産米を100%使った“牛皿に合う”日本酒。麹米には、香りと味のバランスを整えやすく、酒造りに最適な麹ができる優良な酒米として知られる新潟県産米「五百万石」が使われています。

まずは冷酒をそのままチビリと口に含むと、心地よい酸味が食欲をそそります。次に、牛皿を一口。濃い味わいを楽しみ、また冷酒を味わうといった飲み方がおすすめです。牛皿に紅生姜や唐辛子を加えたり、合間にお新香やキムチを挟むのもまた良し。

アルコール度数は14度。精米歩合65%。想定価格は720ml瓶が1,000円、300ml瓶が500円、いずれも税別。