松蔵ポテト「スイートポテト」

スイートポテトのお店「松蔵ポテト」で販売されている、「スイートポテト」と「ブッセラ」を実際に購入し、食べてみました。

「松蔵ポテト」のスイートポテトは、1949年、ドンクの製菓職長であった井上松蔵さんによって生まれた一品。帝国ホテルの製菓チーフをしていた井上松蔵さんの哲学は、「素材を厳選し、素材の特性を活かして美味しいお菓子を作ること」。使われているさつまいもは、すべて本場、宮崎県や鹿児島県産です。

松蔵ポテト「スイートポテト」

松蔵ポテト「スイートポテト」

一番人気の「スイートポテト」は、さつまいもの皮をそのまま器にしているのが特徴。卵黄・牛乳・砂糖・バターで味をととのえ、さつまいもの皮へこんもりと盛りつけられています。「こんがりキツネ色に焼き上げる」のは井上松蔵さんの教え。さつまいもの皮の大きさにより商品の大きさが異なるため、計量販売形式をとっています。価格は100gあたり220円(税別、以下同じ)。筆者が購入したものは、609円でした。

松蔵ポテト「スイートポテト」
「スイートポテト」

スタッフおすすめの食べ方は、電子レンジで温めてから食べる方法。こうすることで、焼き立てのほくほく感が楽しめるのだとか。早速、500Wで約60秒温めてみました。

松蔵ポテト「スイートポテト」

つやりと輝く、黄金色のスイートポテト。頬張ると、ほっくり、まったり。さつまいもの甘みと、しっとりとした食感が楽しめます。とっても滑らかなペーストっぽい感じで、口溶けが良い〜!さつまいも好きにはたまりません。シンプルな美味しさだから、無限に食べられちゃいそう!また、温度の違いで楽しむなら、熱々のスイートポテトに冷たいバニラアイスを添えるのもおすすめだそう。

松蔵ポテト「スイートポテト」

松蔵ポテト「スイートポテト」

「ブッセラ」は、さつまいもで作った切り株のような見た目のお菓子。「ブッセラ」とは「切り株」という意味です。

松蔵ポテト「ブッセラ」
「ブッセラ」

中はしっとり、ねっとり。先ほどの「スイートポテト」に比べて、よりスイーツ感の強い仕上がりです。さつまいもの皮をイメージした部分はほろ苦く、中身と合わせて食べると、まるで本当にさつまいもにかじりついているみたい!甘みとほろ苦さのバランスが心地よく、最後の一口まで飽きずに楽しめるお菓子です。ほのかに感じられる香ばしさがアクセント♪

松蔵ポテト「ブッセラ」

さつまいも好きなら一度は食べておきたい、松蔵ポテトの「スイートポテト」。手土産にしても喜ばれそうですよ!