久世福商店「食べる、七味醤油」

久世福商店の各店およびサンクゼールのオンラインショップで、冬季限定商品「食べる、七味醤油」が発売されました。「食べる、だし醤油」シリーズの新たな味わいです。価格は626円(税込)。

久世福商店「食べる、七味醤油」
食べる、七味醤油

「食べる、だし醤油」は、2015年に登場し“ご飯のおとも”として累計販売数150万個を売り上げている人気商品。2か月じっくり低温熟成されたもろみに、花かつおを加え、だしのうまみを重ねて仕上げられています。同シリーズ商品としてはこれまでにも「食べる、すき焼き」や「食べる、梅だし醤油」といった商品が販売されてきました。

久世福商店「食べる、だし醤油」
食べる、だし醤油

今回発売された「食べる、七味醤油」は、名前のとおり“七味”が味の決め手。信州の老舗「八幡屋礒五郎」の七味唐辛子を使い、しっかりとした辛みの中にうまみがきいた味わいに仕上げられています。一押しの食べ方は、卵かけご飯にかける醤油の代わりに使うこと。旨辛な「食べる、七味醤油」に卵黄のまろやかさとコクが合わさり、ごはんが止まらない味わいに。

久世福商店「食べる、七味醤油」

また、マヨネーズと和えるとまろやかになり、辛いものが苦手な人でもおいしく食べられます。きゅうりなどのスティック野菜につけるのもおすすめ。