セブン「宇治抹茶と苺のパフェ」

セブン-イレブンの「宇治抹茶と苺のパフェ」を食べてみました。苺の赤、抹茶の緑、白玉やホイップの白が華やかな和スイーツです。

セブン「宇治抹茶と苺のパフェ」

販売価格は300円(税込)で、カロリーは237kcal。宇治抹茶の程良い苦味のある味わいと甘酸っぱい苺が楽しめるパフェ。

セブン「宇治抹茶と苺のパフェ」

鮮やかないろどりが特徴のカップ入りスイーツ。ふたをあけると抹茶のホイップ、白玉、粒餡(つぶあん)、そして苺のコンフィチュールを思わせるソースがぎゅっと詰め込まれています。

セブン「宇治抹茶と苺のパフェ」

ひとつひとつすくって味わってみると、抹茶ホイップはじんわりした苦みとかぐわしい香りにやさしい口あたり、粒餡はしっかりと小豆の風味で、白玉は弾力のある心地よい歯ざわり。苺ソースは甘酸っぱく、それぞれ舌ににぎやか。

セブン「宇治抹茶と苺のパフェ」

トッピングの下には雪のように白いホイップがしきつめられ、掘り進めると薄桃色の苺のムースのような層にぶつかります。こちらも甘酸っぱい風味。一番下には抹茶のゼリーが入っていて、つるつると滑らかな舌ざわり。

セブン「宇治抹茶と苺のパフェ」

苺と抹茶を交互に食べてゆくと飽きのこない仕立てです。和洋どちらの雰囲気も併せ持っていますが、強いてあげるなら飲み物は日本茶がお勧めです。