ローソン 余剰のクリスマスケーキを支援が必要な家庭やこども食堂などに寄贈

12月23~25日のクリスマス時期に合わせ、食品の支援を必要としている家庭やこども食堂、児童養護施設、障がい者福祉施設などにローソンで予約販売されているクリスマスケーキ「和栗のモンブラン」のうち、余剰となった76個が寄贈されます。

一般社団法人全国フードバンク推進協議会および京都府が開設している「きょうとフードセンター」を通じて実施されるもの。

ローソンの発表によると、予約販売されるクリスマスケーキの一部には予約終了前に製造するものがあります。それらのケーキは前年実績や日々の予約状況から製造数量が調整されているものの、一部余剰となってしまうことがあります。

今回の取り組みは従来物流センターで廃棄されていたクリスマスケーキが、クリスマスの時期に合わせて東京都、京都府、滋賀県、熊本県のフードバンク4団体に寄贈され、その後対象の家庭や施設などに届けられるというもの。

同時に消費期限は残っているものの店舗への納品期限を迎えてしまったローソンのプライベートブランド「プレミアムハンバーグ」3,840個が12月24日、25日に全国のフードバンク9団体へ寄贈される予定。

ローソンではこれまでも全国フードバンク推進協議会やきょうとフードセンターとの連携により、支援を必要とする家庭に菓子や加工食品など賞味期限の長い品の寄贈が実施されてきました。季節行事の予約品が寄贈されるのは今回が初めて。今後もこうした取り組みが継続される見通しです。