ハードロックカフェ「2020-2021 福袋」

ハードロックカフェの公式オンラインショップで、「2020-2021 福袋」が12月18日より販売されます。商品の発送は12月下旬。

今回販売される「2020-2021 福袋」は全3種。通常は浅草店・京都店でのみ販売、実店舗でしか手に入らない日本製「Made in Japan」商品がセットになった「Made in Japan福袋」(2種)と、ピンバッジコレクションを始めるのにおすすめの「ピンバッジ福袋」がラインナップされています。

福袋の内容と価格(税別)の一覧は次のとおり。

・ Made in Japan福袋(8,000円)
“永楽屋細辻伊兵衛商店”手ぬぐい/漆豆皿/風呂敷/Maiko Mai Pin(非売品)

ハードロックカフェ「2020-2021 福袋」
Made in Japan福袋(8,000円)

・ Made in Japan福袋(3,000円)
梨園染 手ぬぐい 鳥獣戯画/波佐見焼豆皿/Maiko Mai Pin(非売品)

ハードロックカフェ「2020-2021 福袋」
Made in Japan福袋(3,000円)

・ ピンバッジ福袋(3,000円)
日本各地の様々なピンバッジ8点/コレクション用ランヤード

ハードロックカフェ「2020-2021 福袋」
ピンバッジ福袋(イメージ)

永楽屋細辻伊兵衛商店の手ぬぐいは、手仕事で染められるオリジナルデザインの手ぬぐい。京の行事や二十四節季に沿った季節感あふれる色柄に、ハードロックカフェらしさが加えられています。

ハードロックカフェ「2020-2021 福袋」
永楽屋細辻伊兵衛商店の手ぬぐい

漆豆皿は、木目の見える「目はじき」という漆塗り仕上げがされた、木の温かさややわらかさを感じられる小さなお皿。江戸時代から漆商であった「井助」がこだわった新しい漆の和の色合いに、国宝「鳥獣戯画」のロックバンド柄をモチーフにした絵柄が付けられています。

ハードロックカフェ「2020-2021 福袋」
漆豆皿

風呂敷は、ギターやレコードの絵柄が京友禅で染め上げられた、ハードロックカフェ・オリジナル風呂敷。ポップな音楽モチーフは、包んでも広げても美しく見えるよう仕上げられています。

ハードロックカフェ「2020-2021 福袋」
風呂敷

このほかのアイテムもこだわり満載。なお、「Maiko Mai Pin」は中国製となります。また、福袋に入っている商品の色・柄は選べません。