無印良品「不揃いりんご(サンふじ)」

全国80店舗の無印良品で、生産工程を見直した「不揃いりんご(サンふじ)」が12月18日から販売されています。税込価格は1個100円~150円(大きさによって価格が異なります)。なくなり次第、販売終了。

衣・食・住という生活の基本の中でも、最も基本的な営みである「食」。無印良品はこれまでも、日々の食卓に欠かせない青果の取り扱いを通じて、生産者の想いや数々の工夫などを伝えてきました。

昨シーズンは、青森県弘前市の成田農園と連携し、軸が取れてしまったり、色ムラやキズ、シミがあったりという理由で一般の規格から外れたりんごを全国30店舗で販売し、好評を得ました。今年も引き続き同農園と協力し、さらに生産工程を見直した「不揃いりんご」を販売。

農業人口の減少や高齢化が進む日本国内において、これからもおいしい農産物を作り続けていきたいという想いから、お互いにアイディアを出し合い、今まで当たり前としていた作業を削減。契約した畑で収穫したりんごは正規品も規格外も関係なくすべて販売し、総量は昨年の3倍、展開店舗は昨年の30店舗から80店舗へと拡大します。

見直した3つの生産工程

1. 赤い色をつけるための作業
・ 反射シートの使用
・ 日光が当たるように果実を回転させる“つる回し”
・ 果実に日光を当てるための“葉採り”

2. 外観で選別する作業
・ 傷の有無を選別する作業
・ 色ムラの有無を選別する作業

3. サイズを細かく分ける作業
・ 通常7段階でサイズ選別するところを大・中・小の3段階選別に軽減